ヘルニアは年齢に関係なく起こる|遺伝が関係している

医師

脱腸と呼ばれる病気

腰痛

治療を受ければ治る

鼠径ヘルニアとは、鼠径部(足の付け根)から腹膜や腸が飛び出してしまう病気です。俗に言う、脱腸のことです。幼児から高齢者まで幅広い年齢層で発症する病気ですが、幼児の場合は主に先天性です。成人の場合は40歳代以上の発症率が高く、その原因は加齢による筋膜の衰えです。男性の方が発症率が圧倒的に高く、発症するのは80%が男性です。そして発症しやすい人は、腹圧のかかる仕事や立ち仕事をしている人、肥満や便秘症の人等です。鼠径ヘルニアは、初期段階であれば、自然と、あるいは押せば戻ります。それどころか発症に気づかないことも多くあります。しかし、放置してしまうと痛みや息苦しさを感じるようになり、しまいには、押しても戻らなくなるケースもあります。戻らなければ、飛び出した腸は壊死してしまいますから、早期に治療を受けることが重要です。鼠径ヘルニアは、治療を受ければ治る病気ですので、積極的に治療を受けるべきです。

心配は無用

ただ、鼠径ヘルニアは薬物療法や保存療法等では完治することはなく、完治させるためには手術を受ける必要があります。鼠径ヘルニアの手術の目的は、腹膜や腸が飛び出す穴を塞ぐことです。そして現在、一般的なのは人工の補強材で穴を塞ぐ方法です。この方法ですと、従来の方法に比べて格段に体へかかる負担が軽減されており、手術直後から歩くことが可能であり、日帰り手術も可能となっています。そして、もちろん、人口の補強材であっても高い安全性は確保されており、実際、すでに豊富な実績があります。このように手術といっても比較的楽な手術となりますから、心配は無用です。腸が壊死してしまうと最悪の場合、命を落とすこともありますから、鼠径ヘルニアに気づいた時点で手術を受けるべきです。